クラビットとジスロマックの二大巨頭!クラミジアも安心

クラミジアに対抗する薬

性病の種類や症状について確認する

性行為によって移る性病にはいくつかの種類があります。
クラミジア、淋菌、梅毒、膣トリコモナス、カンジタ、ヘルペス、コンジローマ、HIVなど。
それぞれの症状に合わせて処方される薬も、効果も違うので注意が必要です。

そして日本で多く報告されている最もポピュラーな性病はやはり「クラミジア」です。
主な症状としては男性の場合、尿道のかゆみ、睾丸付近の炎症(痛みや腫れ)などです。

女性では下腹部の痛み、出血、おりもの臭いや色の変化などです。

クラミジアは放置して治る可能性は低いので、病院に行って検査し、病名がわかれば薬で治すのが一番早いです。

しかしクラミジアは繰り返す方も多いですし、自分が感知してもクラミジアを発症している別の方と性行為をした際にはまた移ってしまいます。
そうした場合毎回病院に行くことが大変な方もいるかとおもわれます。
その時には海外通販サイトでの医薬品個人輸入が便利です。
医薬品の個人輸入をすることでクラビットやジスロマックの通販が出来るようになり、病院へ行かずとも手軽に手に入れることが出来るようになります。

病院で処方されるクラミジアのお薬、『クラビット』『ジスロマック』など有名なお薬はどのサイトでも多数取り扱っています。
また、それぞれジェネリック医薬品もありますので、病院で処方してもらうより安価に入手することができます。
クラビットはレボフロキサシンを主成分とする抗生物質で、クラミジアなどの性感染症をはじめ、グラム陽性菌・陰性菌、また、レジオネラやマイコプラズマなどの細菌にも効果が期待できます。

ジスロマックはアジスロマイシンを主成分とする強力な抗生物質でクラミジアや淋菌、マイコプラズマ等に処方され、アレルギー症状が出る事が少ない点が特徴です。 また、インフルエンザなどにもとても効果的です。

クラビットとジスロマックは共に1週間ほどの服用で性病を治療することが可能です。

ですが2つとも強力なお薬ですので副作用も人によっては大きく出てしまうこともあり、吐き気、腹痛、下痢などお腹にくるものもあれば、重度になると目まいや痙攣を引き起こす方もいます。

また性病は症状だけでは判断しにくく、間違ったお薬を服用すると逆に悪化してしまうこともあるので、検査は病院にて行う事をオススメしています。

紹介サイト:ジスロマックでクラミジア撃退