クラビットとジスロマックの二大巨頭!クラミジアも安心

後発薬のレボフロックス

クラビットの効果とは細菌によって感染が起こり、皮膚の赤みや腫れ、時に化膿や痛み、発熱などの痛みを伴う症状の原因となっている、細菌の遺伝子情報物質(DNA)の複製を防ぐことで繁殖を防ぎ、殺菌する効果があるので身体に現われている症状を治癒してくれます。
感染率が国内でもトップクラスの感染症に適応があるため、クラビットおよびクラビットジェネリックの処方機会も多くなっています。アクネ菌に対しても殺菌・抗菌の効果があるので、ニキビ治療に対しても効果を発揮します。
また、レボフロキサシンは比較的副作用が少ないとされているほか、セフェム系やマクロライド系、ペニシリン系の抗生物質とは作用機序が異なるので、これらに耐性を示す菌にも有効です。
クラビットジェネリックも、クラビットのこのような優れた効果を100%受け継いでいます。

レボフロックスは、新薬のクラビットと同じ成分レボフロキサシンを配合した、抗菌薬の一種です。
有効成分はレボフロキサシン250mgで、ニューキノロンという新開発されたタイプの抗菌薬にあたり、対抗性の高い強力な菌に対する殺菌力が高まっています。
レボフロキサシン成分は、様々な細菌が原因の感染症を治療・改善します。このレボフロックスはこの他にも、クラミジア・尿路感染症・性病・淋病・膀胱炎・前立腺炎・淋病性尿道炎・コレラ・サルモネラ腸炎・子宮内感染チフス・の治療に用いられます。また従来の抗菌薬に比べると抗菌力があるので、飲み薬では治りにくかった感染症にも効果を発揮。副作用も少ないので抗生物質によるアレルギーの人でも服用できます。性行為前に服用する事で予防にもなります。

最も広く感染者がいるとされる性感染症がクラミジアです。
国内では推定100万人以上が感染されているとされており、最近では若い女性、特に女子高生などの感染例が多くなっています。
この感染症は非常に感染しやすく、報告によっては1回の性行為で感染する確率は50%にもなります。性病予防の認識不足と性の低年齢化のために若い年齢層に非常に感染が拡大していて、感染者の約70%が10~20代となっています。
感染しているとHIVなどの他の性感染症に飛躍的にかかりやすくなってしまうため、少しでも不安がある場合には早めに検査を受けることをおすすめします。
感染してしまうと数週間で発症しますが、人によっては症状が出ない人もいます。